みらいのこどもクリニック ブログ

今回は熱中症のお話です

熱中症とは気温や湿度が高い環境で、体温の調節がうまくいかず

めまいや立ちくらみ、手足のしびれ、頭痛や吐き気、意識がぼんやりとする

などの症状がでる病気です。

軽症、中等症、重症とあり、重症になってくると意識障害やけいれん、高体温

(体を触ると熱い)などの症状がでてきます。

屋外にかぎらず、室内でも熱中症になることもありますので、

特に小さなこどもさんのいる家庭では、室内をすごしやすい温度に

してあげることが大切です。

室内でも水分補給をこまめに行い、塩分も一緒に摂るようにしましょう。

経口補水液などがおすすめです。

意識がぼんやりしている、目線がうつろで反応が鈍い、嘔吐や吐き気が治まらない

などの症状があれば早めに当院までご相談ください。