みらいのこどもクリニック ブログ

今回はB型肝炎ワクチンについてのお話です

1歳未満の乳児が公費接種の対象です。

1歳以上のこどもさんは、公費接種の対象外(自費)になりますが、接種しておくことが望ましいワクチンのひとつです。

 B型肝炎ワクチンはすでに世界177か国で定期接種化されているワクチンで、WHO(世界保健機関)は世界中のこどもたちに生まれたらすぐに国の定期接種として接種することを推奨しています。日本でも毎年約2万人がB型肝炎ウイルスに感染しており、感染経路としては輸血や性行為による感染、分娩時の母子感染などがあり、こどもの場合は原因不明の場合も多いと言われています。

 詳しくは当院までご相談ください。