みらいのこどもクリニック ブログ

今回は保湿のお話です。

日に日に寒さが増してきていますが、いかがお過ごしでしょうか。

寒くなってくると肌が乾燥してきますよね。

子どもならなおのこと、特に乳幼児は肌が乾燥しやすいです。

なぜならおとなと比べ子どもの肌は、皮脂と肌に蓄えている水分の量が少ないからです。

肌が乾燥するとバリア機能が低下し、外からのいろいろな刺激を受けやすくなり、肌が荒れやすくなります。刺激になるものとして、よだれや食べ物、冷たい風、乾燥した空気、ほこりや雑菌、アレルギー物質など様々あります。

乳幼児期から保湿をしっかりすることによって、アトピー性皮膚炎を予防する効果もあると言われています。詳しくは当院までご相談ください。