弱視スクリーニング検査

弱視のスクリーニング検査を始めました。

弱視スクリーニング検査機器

弱視とは、乳幼児期の視力の発達が妨げられることによる、片眼または両眼の視力低下で、眼鏡では矯正できない状態をいいます。
乳幼児期から3歳くらいまではお子さまの目の発達において重要な時期です。
特に弱視については、4歳以下で治療を開始することで95%が改善するといわれており、早期治療により高い効果を期待することができます。
そこで、当クリニックではお子さまの目の異常を早期に発見するため Welch-Allyn社製「スポット ビジョンスクリーナー」を導入いたしました。

【スポット ビジョンスクリーナーについて】

検査の様子

生後6か月から、日常生活では気付きづらい目の異常を迅速かつ正確に調べることができます。 

  • 検査自体は数秒で終わります。
  • お子さまから1mほど離れて行いますので、だっこしたままで、目に触れたり長時間静止したりする必要はありません。
  • ただし、泣いてしまったり目を閉じたりしてしまうと読み取りができません。
    (スクリーニングは機器の性質上、少し暗い場所で行います)

検査結果はすぐに出ますので、印刷してお渡しします。

検査結果サンプル

検査結果サンプル

【測定内容】

近視/遠視/乱視/斜視
不同視(近視や遠視などで左右の目の度数差があること)
瞳孔不同(左右で瞳孔の大きさが違う状態)

【予約について】

  • 予約方法:お電話・窓口にて承ります。
  • 日時:毎週火曜日 14:45/15:15 (予約状況によってはこの限りではありません)

【費用について】

1回1,000円(自費) ※すでに弱視の疑いがある場合は保険適用となります。
10ヶ月健診の際は無料で検査させていただきます。

ぜひ一度、スクリーニング検査を受けてみませんか?
検査に関してのパンフレットを当クリニックに設置しております。