予防接種案内

ワクチンの種類

定期予防接種 すべて公費により無料で接種できます。
ただし接種対象年齢から外れますと費用がかかりますのでご注意ください。

  • ロタ(ロタリックス/ロタテック)
    ロタリックス・ロタテックの違いについては こちら
  • ヒブ
  • 小児肺炎球菌
  • B型肝炎
  • 4種混合(ジフテリア・破傷風・百日咳・ポリオ)
  • BCG
  • MR(はしか・風しん)
  • 水痘(みずぼうそう)
  • 日本脳炎ワクチン
  • 2種混合(ジフテリア・破傷風)ワクチン
任意予防接種
  • おたふくかぜ
  • インフルエンザ

※当院では子宮頸がんワクチンは取り扱っておりません。ご了承ください。

ワクチンの費用

定期予防接種はすべて公費により無料で接種できます。
ただし接種対象年齢から外れますと費用がかかりますのでご注意ください。

 

自費ワクチン 価格表
ロタワクチン (ロタリックス/2回接種)1回 14,300円
(ロタテック/3回接種)1回 9,500円
ヒブワクチン 8,200円
小児肺炎球菌ワクチン 10,700円
B型肝炎ワクチン (10歳未満)5,600円
(10歳以上)5,900円
四種混合ワクチン 10,400円
BCGワクチン 6,600円
麻疹風疹混合(MR)ワクチン 10,000円
水痘ワクチン 8,200円
おたふくワクチン 6,400円
日本脳炎ワクチン 6,800円
DTワクチン 4,700円
破傷風ワクチン 3,800円
不活化ポリオワクチン 9,000円
A型肝炎ワクチン 7,300円
インフルエンザワクチン (1~3歳未満)1回 2,500円
(3~13歳未満)1回 3,000円
13歳以上)1回 3,500円
※インフルエンザワクチン家族割あり。
お一人につき 1回500円引き
例:4名同時の場合は、500円×4=2,000円引き

接種回数と接種時期

 

ロタリックス 生後6週0日〜24週0日の間に2回接種
ロタテック 生後6週0日〜32週0日の間に3回接種
ヒブワクチン 接種開始時期

  • 2〜7ヶ月未満:3〜8週間隔で3回接種し、初回接種から7〜13ヶ月後に追加接種
  • 7ヶ月〜12ヶ月:3〜8週間隔で2回接種し、初回接種から7〜13ヶ月後に追加接種
  • 1〜5歳:1回接種
小児肺炎球菌ワクチン 接種開始時期

  • 2〜7ヶ月未満:27日以上開けて3回接種し、生後12〜15ヶ月に追加接種(3回目からは60日あける)
  • 7〜12ヶ月未満:27日以上開けて2回接種し、生後12〜15ヶ月に追加接種(3回目からは60日あける)
  • 12〜24ヶ月未満:60日間隔で2回接種
  • 2歳〜9歳未満:1回接種
B型肝炎 接種開始から0、1、6ヶ月の3回接種
4種混合 生後3ヶ月以降に3〜8週あけて3回接種、その後1年あけて追加接種
BCG 生後5〜8ヶ月
MR
(はしか・風しん)
ワクチン
12〜23ヶ月で1回目接種、5〜6歳で2回目
みずぼうそう 1歳過ぎたら接種し、その3ヶ月後に2回目
おたふくかぜ 1歳過ぎたら接種し、年長時に2回目
日本脳炎ワクチン 6ヶ月以降であれば接種できますが、3歳になったら4週開けて2回接種し、4歳で追加接種、9歳で接種(第2期)が一般的です。
2種混合
(ジフテリア・破傷風)
ワクチン
11歳〜13歳で接種
A型肝炎 計3回接種で、まず2〜4週の間隔で2回接種。
初回接種後24週を経過した後に3回目接種。
対象は1歳以上。
インフルエンザ 当院では1歳から接種対象年齢としています。
1歳〜12歳:2〜4週間隔で2回接種
13歳以上:1回接種

接種スケジュール

接種できるワクチン(予防接種)の説明や接種スケジュールを『KNOW VPD』でも、ご確認いただけます。ぜひご参照ください。

Know VPD! – ワクチンで防げる病気(VPD)を知って子供たちの命を守る
http://www.know-vpd.jp/

ワクチンデビューは、生後2か月の誕生日

同時接種について

ワクチンの基本原則というのは病気にかかる前に接種しておくということです。
細菌性髄膜炎などの重症な病気が多いとされる1歳前にできる限りの免疫をつけてあげるということが非常に重要になってきます。 そのために同時接種というのは必要になってきます。
同時接種の副反応をご心配になるお母さんもおられると思いますが、同時接種も単独接種も副反応に関するリスクは同じと考えられています。
また同時に接種したからといって個々のワクチンの効果が下がることもありません。
海外の医療先進国では6種混合ワクチンなどもあり一般的に同時接種が行われています。

以下、日本小児科学会の同時接種に関する見解です。

日本小児科学会の予防接種の同時接種に対する考え方(2011.4.18)

日本小児科学会

日本国内においては、2種類以上の予防接種を同時に同一の接種対象者に対して行う同時接種は、医師が特に必要と認めた場合に行うことができるとされている(1、2)。一方で、諸外国においては、同時接種は一般的に行われている医療行為である(3)。特に乳児期においては、三種混合ワクチン、インフルエンザ菌b型(ヒブ)ワクチン、結合型肺炎球菌ワクチンなどの重要なワクチン接種が複数回必要である。これらのワクチン接種がようやく可能となった現在、日本の子どもたちをこれらのワクチンで予防できる病気(VPD:Vaccine Preventable Diseases)から確実に守るためには、必要なワクチンを適切な時期に適切な回数接種することが重要である。そのためには、日本国内において、同時接種をより一般的な医療行為として行っていく必要がある。
同時接種について現在分かっていることとして以下のことがあげられる。

1)複数のワクチン(生ワクチンを含む)を同時に接種して、それぞれのワクチンに対する有効性について、お互いのワクチンによる干渉はない。
2)複数のワクチン(生ワクチンを含む)を同時に接種して、それぞれのワクチンの有害事象、副反応の頻度が上がることはない。
3)同時接種において、接種できるワクチン(生ワクチンを含む)の本数に原則制限はない。

また、その利点として、以下の事項があげられる。

1)各ワクチンの接種率が向上する。
2)子どもたちがワクチンで予防される疾患から早期に守られる。
3)保護者の経済的、時間的負担が軽減する。
4)医療者の時間的負担が軽減する。